スポンサーリンク

SYMMETRY:30日間生き延びることに成功

本当はアップグレード出来る設備がどこまで行くのかを見るだけのつもりでしたが、37日間サバイバルする事に成功したので、どんな風に達成したか書いていきます。

このゲームは日にちが進むに連れて外気温が下がっていき、始めは-20度くらいだったのが20日もすれば-40度に冷え込みます。
同じ距離を歩いても気温が低いほどクルーのHPが低下するので、後々無理が出来ません。
悪天候の日も増え、破損するモジュールも増え、資材の回収ポイントも遠ざかり生存が困難になっていくので、始めのうちにどれだけかき集められるかが重要です。

これまでのプレイでストーブが頻繁に燃料切れになっていたので、今回は薪の補充を強めに意識しながらのプレイ。
回復ステーションが2つしか無いので、2人に回収に行かせて1人は勉強。
薪が安定したら電子機器を集めに行くので、一度に沢山持って帰れるよう電子機器を集めるスキルを強化しておきます。
このゲームは何もしてない状態の人間を作らずに、常になにかさせないと先に進め無さそうです。

GCスクリーンショット2018-10-10 01-33-48


食料は1人にある程度作らせて、通り過ぎるタイミングで腹が減っているクルーに食べさせました。
いつ壊れて食えなくなるか分かりませんからね。

GCスクリーンショット2018-10-10 01-54-12


発電機やストーブの故障に備えて15個くらいスクラップを確保して、その他は気象観測ステーションにまわしてみました。
現在の気温や今後の悪天候がわかれば、事前に集めて寒波に耐える事ができます。
まるで蟻か何か。
最大で4日後の天気と気温が分かるようになり、最終強化が出来た時点で「気象予報」のトロフィーを獲得。
悪天候の日は気温が-100度を下回った時があったので、クルーを外に出さないほうがいいです。

GCスクリーンショット2018-10-10 02-25-36

GCスクリーンショット2018-10-10 01-45-16


一週間くらい経つとエンジニアがステーションにやってきて合流。
予備バッテリーに充電できるようになります。

10日を過ぎると設備の端末がジャミングされるような演出が入ったり、死体のようなものが見え始めます。
この頃から設備の故障が増えてきて、電子機器に余裕が無くなったので両サイドのヒーターを修理しなかったり、発電所の修理をバッテリーに頼って遅らせたり、冷蔵庫を直さず作ったそばから食べさせたり節約?しています。

GCスクリーンショット2018-10-10 02-38-06

GCスクリーンショット2018-10-10 02-48-51

GCスクリーンショット2018-10-10 03-04-25


電力の供給が無くなると食料が作れず体力も回復できないので、絶対に絶やせない要素。
暖房は止まってもある程度耐えられるので、余裕があるときに直してました。
ただ、探索帰りで瀕死になったクルーに良くないので、外の天気や回収までの時間と相談です。

19日目、AIが語りかけてきます。
トロフィー「ファースト・コンタクト」を獲得。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-23-32


このあたりから故障がさらに増えて施設内も外と大差なくなってきますが、交代で体力を回復したり、必ず体力最大で探索に向かわせる決まりを作ってなんとか耐えます。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-28-02

GCスクリーンショット2018-10-10 03-30-42


翌日からAIが謎の赤い光を照射して視界を妨害したり、クルーにノイズが入ったりします。
ノイズの意味は分かりませんが、光は当たっても何とも無いようなので、本当に邪魔なだけ。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-33-31

GCスクリーンショット2018-10-10 03-35-28


21日目になるとリチャードがやってきます。
トロフィー「予期せぬ訪問」を獲得。
人手が増えて5人になりましたが、冷蔵庫を強化していなかったので食糧供給が怪しくなってきました。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-36-22

GCスクリーンショット2018-10-10 03-37-56


回復ステーションも食料もギリギリの回転になってしいまい、無理をさせたクルーが一人未帰還になります。
人手が減ってしまいましたが、反面余裕ができたなという気持ちもあって何とも。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-41-16

GCスクリーンショット2018-10-10 03-48-09


不思議なことに人手が増えても故障が相次いで電子機器は減るばかり。
酷いときには暖房も止まり回復ステーションが1つしか可動できない状態になり終わりそうになります。
少し回復しては交代を繰り返し、1日かけて全員を回復させます。

GCスクリーンショット2018-10-10 03-53-17


が、努力の甲斐虚しく飢えと寒さでクルーが2人減ります。

GCスクリーンショット2018-10-10 04-01-12


30日まであと5日。
交代で食料を作り、暖房を放棄してそろって電子機器を回収、夜は交代で回復...と繰り返していきます。

GCスクリーンショット2018-10-10 04-05-37

GCスクリーンショット2018-10-10 04-07-58

GCスクリーンショット2018-10-10 04-09-24


このあたりで気付いたのが、-40度位なら暖房無しでも何とかなるんだなという点。
4人なら回復ステーションを2人で1つ使えば何とかなるのかもしれない。
意外とスムーズに進み、30日。
日付が変わったタイミングでトロフィー「ハードコア・サバイバー」を獲得します。

GCスクリーンショット2018-10-10 04-15-00


この後どこまで行けるか試してみましたが、発電所の故障やバッテリー切れ、回復ステーションの故障なんかが相次いでまたクルーが一人減り、作業を回せなくなって37日目の昼に全滅しました。

GCスクリーンショット2018-10-10 04-36-39

GCスクリーンショット2018-10-10 04-36-54


終わってみて思ったのが、気象観測ステーションが無くても外の天気でなんとなく気温が分かるからいらない気がしました。
冷蔵庫は少し多めにあったほうが良いかな。
予備バッテリーはあまり目立ちませんでしたが、発電機が故障するたびに直すのも手間だし電子機器が勿体無いので多めに確保したい。
ストーブは...もしかしたら無くても行けるのかもしれないですね。今度試します。

37日サバイバルしましたが、本来の目的であるロケットの修理は全く出来ませんでした。
修理するのに電子機器が90+70+50なので、設備投資は必要最低限じゃないと厳しいかも?
1プレイに3時間とかかかるので、何とか攻略法を見つけたいですね...。
関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する