スポンサーリンク

Spintires:プレイヤーの数だけトラブルも倍な楽しいマルチ

ハードコアの攻略を一人でやるのも寂しいので、マルチプレイヤーのセッションに参加してやることにしました。
それなりにロビーが有りましたが、ping300以上は当たり前でVCも海外の人しか居ませんでしたね。
シングルプレイヤーとゲームシステムがいくつか違ったので、マルチの思い出と合わせて書いていきます。

セッションは最大4人。途中参加が可能なのでやりたいミッションの部屋に自由に入れます。
途中参加でもクリア扱いになるので普通にプレイしていれば大丈夫です。
通信エラーなどで途中退出してしまっても、サーバーリストから再び入れるので何かあったときには対処しやすい。

ただ、途中参加だと車両がデフォルトのものを用意されたり、途中でミッションを中断するホストが多いので、確実にやるなら自分で部屋を立てた方が良いです。
2回に1回は部屋が途中で消えた感じがしますね。時間が失われるのは辛い。

GCスクリーンショット2018-10-06 04-02-01


苦労はしましたが、プレイ中にフレンドが増えたりもして全マップをハードコアでクリアすることはできました。

ハードコアでは燃料の消費やガレージのアンロックに必要なポイントが倍になって、トラックの性能も落ちます。
ナビゲーションも案内の線が表示されず、硬い地盤でデフロックを使い続けるとエンジンにダメージが入ったりと、良いことがないです。

GCスクリーンショット2018-10-06 04-50-51


ですが、その分他のプレイヤーと協力する機会が増えるので、共同作業をやりたい人は好きになれるかもしれない。

同じマップでやることは同じですが、それぞれのペースや運搬のルートの違いがあるので、たまに渋滞します。
丸太キオスクの出入り口とか特に。

GCスクリーンショット2018-10-06 02-54-10


渋滞ならまだ待てばいいですが、積み荷を運び終えて飛ばして帰ると、反対側から来た別のプレイヤーの車両と正面衝突したりする事故もたまに発生します。
そのまま車両が大破するなら直せば良いのですが、積み荷が吹き飛んだりすると大惨事なので、シングル以上に安全運転を心がけましょう。
プレイヤーのIDは車両の上に表示されますが、近づかないと見えませんしミニマップのようなものも表示されてないので、曲がり角とか森の中とかではたまにクラクションを鳴らして存在をアピールしておくと安全です。
夜間はライトつければ良いように思えますが、他のプレイヤーのライトが反映されないのでパッシング等は無意味。

もし坂道で勝手に転んだり、不幸にも黒塗りのトレーラーに衝突して横転してしまった場合、近くのプレイヤーにウインチで引っ張ってもらうことが可能です。
相手の車両にウインチを繋げようとすると、相手側にウインチを繋げるかどうかの選択肢が現れます。
許可すれば連結されるので、後はいつも通り巻き上げるなり引っ張るなり転がすなりしましょう。

GCスクリーンショット2018-10-06 06-59-12

GCスクリーンショット2018-10-06 03-19-20

GCスクリーンショット2018-10-06 02-57-55

GCスクリーンショット2018-10-06 02-57-57


燃料の補給や修理は、他のプレイヤーの許可を必要とせず、接近すれば普段どおりにすることができます。
別に補給や修理をされて怒る人は居ないと思うので、他のプレイヤーが通りそうな場所にあらかじめ車両を配備して、近くに来たら切り替えて補給や修理をしてあげると役立てるかもしれません。

GCスクリーンショット2018-10-05 08-04-13

GCスクリーンショット2018-10-06 06-03-26


ただ、このゲームには「救難信号」のような機能は実装されておらず。
他のプレイヤーとの交信はVCとクラクションくらいしかありません。
マップで他のプレイヤーを表示しては居ますが、名前と向きくらいしか得られる情報がないです。
自分がスタックしたり燃料が切れたりした場合、他のプレイヤーはそんな事知らないので、必至にクラクションを鳴らすかVCを付けるか、自分で何とかするしかありません。
マップをこまめに観察していると、突然動かなくなったり同じ場所でうろうろしている人が居たりするので、そんな時は近付いてみると助けになるかも?


プレイヤーの車両はプレイヤーごとに用意されていて、初期以外の車両はプレイヤーごとランダムにマップ内に配置されます。
使用中の車両を除いて、他のプレイヤーの車両は黒い影で表示されています。
車両のアンロックは影に近づくとその人が使えるようになるので、見かけたらアンロックしてあげましょう。

GCスクリーンショット2018-10-06 02-46-47


ハードコアモードではクレーンやローダーを使って手動で丸太を積み込む必要があります。
ただでさえ面倒ですが、マルチプレイヤーになるとさらに複雑になってきます。

他のプレイヤーにクレーンを操作してもらって、自分の荷台に丸太を載せて貰う場合。
まず相手が荷台のサイズから必要な丸太を察するところから始まります。
分からなさそうなら、必要なサイズの丸太をキオスクに大量出現させると分かってもらえるかもしれません。

丸太ですが、クレーンで掴めるのは「自分が呼び出した丸太」だけです。
他のプレイヤーが呼び出したものは半透明になって触れません。

GCスクリーンショット2018-10-06 06-43-08


荷台には判定があるので、自分のものを相手に乗せることは可能です。

相手に頑張ってもらって必要な丸太を積み込んでも、まだやることがあります。
一人だけならこのまま積み荷として固定できますが、相手の丸太を載せてもらった場合、所有権を渡して貰う必要があります。
丸太を選択するとそのリクエストを相手に送れるので、丸太の本数分送っては許可を貰います。

GCスクリーンショット2018-10-06 06-45-19

GCスクリーンショット2018-10-06 07-27-18


全てのリクエストが終われば、後は固定して終わり。
相手のクレーンが荷台にあると固定できないので、移動したりして出来るようにします。
リクエストを貰っていない丸太がある状態で固定すると、その丸太が弾け飛んだりしますが特に問題はないです。

マルチ特有のシステムはこんな感じですかね。
全体的にマップの状態やクリア結果も共有ですし、協力できる場面が多いので結構楽しめました。
やりとりがクラクションとVCしかないですが、すれ違いざまにクラクションを鳴らすだけでも何となく共鳴感があって良いのかなと。
実際のドライブでありそうなやり取りです。
強いて言うならヘッドライトを共有してほしかった。
(夜道の対向車が全員無灯火とか怖い)

ある程度マルチもプレイしたので、残るトロフィーをシングルで消化して攻略記事でも作りたいですね。
関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する