スポンサーリンク

初音ミク VRフューチャーライブ 全3ステージをトロコン

3つのステージで全モジュールを手に入れ、無事公演を盛り上げたのでトロフィーをコンプリートできました。

結構好きな曲が入っていたりして楽しめましたね。
はじまりのメドレーはステージに6人上がって踊るので、中々のボリュームです。

GCスクリーンショット2018-09-24 19-03-09

GCスクリーンショット2018-09-24 19-29-40

GCスクリーンショット2018-09-25 11-13-50

GCスクリーンショット2018-09-25 12-48-53

GCスクリーンショット2018-09-25 12-04-27

GCスクリーンショット2018-09-25 12-22-03

GCスクリーンショット2018-09-25 12-22-28

GCスクリーンショット2018-09-25 12-22-47


証拠のトロフィーリスト。

GCスクリーンショット2018-09-25 14-33-56


終わってみれば、まぁ満足できたのかなという感じ。
ダンスもところどころ調整されてるのか、うまい具合にミクさんが間近に接近してくるので、本当にそこにいて触れるのではと思うくらいです。
距離が近いほど、遠くから眺めているのとは違った感覚になるのがVRの不思議なところ。
近づきすぎるとコントローラーが消えたり、ミクさんが視界から消えたりするのは残念でしたが、仕方ないですね。
見えてはいけないものが見えるよりかは。

GCスクリーンショット2018-09-25 11-57-59


画像だと普通というか、何も感じないのですが、VRだと視界一杯に映っているのでかなり近く感じます。
ディスプレイに映っているのとは違い、手を伸ばせばコントローラーが同じようにゲーム内の空間を移動しますし、首の動きとリンクして視界がちゃんと変わるので、その場にいるのかと錯覚できる。
ちゃんと遠近感を感じられるのが良いですね。
部屋を暗くしてイヤホンをつければ没入感はさらにアップです。


さて、せっかくなので終わり際のプレイの様子も書いておきましょう。
好きな曲があるとはいえ、やっぱり3曲 x 3ステージ x 10回公演を見るのは辛いですし(さらにアンコールも)、長時間PSVRを取り付けていると目もつかれるので休憩は必要です。
休みたいけど作業は進めたい、そんな人は一度ディスプレイの画面にステージが映るようにPSVRをどこかに置いて、それを観ながらプレイすると良いです。
PSVRを外せばそれは休憩です。はい。
応援する際にコントローラーを振りますが、別にこれはコントローラー内部のセンサーで揺れを検知してるみたいなので、カメラの範囲外で軽く振ればOK。
コントローラーを上からわしづかみにして椅子に座り、腕をだらーんと垂らして手首をフリフリしてればナメプの完成です。


手に入れたモジュールはステージ1~3のものを好きに選べますが、ランダムに選ばれた?6つの中からになります。
切り替え機能とかあって全部の中から選べたりすれば良いんですけどね。
こういうところで惜しいなと。

GCスクリーンショット2018-09-25 14-08-14

GCスクリーンショット2018-09-25 14-08-19


やや物足りない所もありますが、セール価格で購入したのでその分は満足できたかな?
ゲームと言うよりかはVRコンテンツと表現したほうがしっくり来るので、これから買う人はそんな心構えで。

TGSセールでいくつかゲームは増えたので、次からはそのゲームの記事になります。
勿論積みゲーも忘れてないです...。はい...。ちゃんと消化します。
関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する