スポンサーリンク

アズレンのメンテナンス内容が解りやすい

SnapCrab_NoName_2017-10-14_1-2-57_No-00.jpg


アズールレーンの運営が公開した緊急メンテナンスのお詫びが、「しっかりしている」と話題になってますね。
ブレストサーバーの接続障害についてですが、どういった経緯で、いつどこで何がどうなった、影響は、保証は、再発防止のためにどうするか、などなど...。しっかりとした文章で、ユーザーに向けて詳しく解説しています。
説明の中で「復旧に向けて対応を~」といった曖昧な説明で済まさなかったり、「すいません」で終わらせずに、今後はどういった対応をして再発防止していくのかを掲載しているところが、ユーザーの心に響いたのではないかと思います。
http://www.azurlane.jp/news-item.html?i=1013

折角なので、メンテナンスのお詫びを比較。

◆FGO
maint_fgo.jpg

◆シノアリス
maint_shino.jpg

◆PSO2
maint_pso2.jpg

◆アズールレーン
http://www.azurlane.jp/news-item.html?i=1013

いつも「アズールレーン」をプレイしていただき、誠にありがとうございます。

2017年10月12日に発生した接続障害と、それに伴う緊急メンテナンスについてご案内致します。

■経緯:
2017年10月12日21時40分頃、AWS(クラウドサーバー)提供側に通信障害が発生し、AWS管理下にあるデータベース・サーバとゲームサーバーとの通信が途絶するといった事象が発生、それに伴いブレストサーバーの再構築を行なうため緊急メンテナンスを実施した

■時間軸:
21:40 AWSに障害が発生、ゲームサーバーとデータベースサーバーとの通信にエラーが発生
21:45 エンジニアが接続障害の問題特定と緊急対応を開始
21:48 ゲームサーバーとデータベースサーバーとの接続が断たれ、データベースへの接続が不可能になっていたことが判明。
21:53 スペアのデータベースサーバーで接続を試みたものの、ゲームサーバーとデータベースのサーバー間のネットワークが完全停止していたため接続の復旧に失敗
22:03 エラーの大量発生によりゲームサーバーの作動が不安定となった。ユーザーデータを守るため、サーバーを緊急停止し、緊急メンテナンスに移行
22:10 精査により、AWS内部の通信環境に問題があり、ゲームサーバーとデータベースへのネットワークが完全に遮断さた。当該サーバー自体の復旧を断念し、新たにサーバーを開設及び再構築を始める。
04:30 サーバーの再構築及び緊急メンテナスが終了し、サービスを再開

■本障害の影響について:
ブレストサーバー全体におけるデータの整合性を確保するため、やむを得ないと判断してサーバーサーバーを停止した。
この為、21:40からメンテナンス開始までの22:03までのデータが一部失われる可能性がある。

■本件に関するお詫びと補償(10/13 4:36追記)
当障害発生期間中にゲームをログインしていたブレストサーバーのユーザーの集計完了後、
① ブレストサーバーのユーザー全員に【燃料1000】【資金4500】【キューブ2】を配布
② 当障害発生期間中にゲームをログインしていたブレストサーバーのユーザー全員に【ダイヤ1000】を配布

また、当障害発生時間中にダイヤ・貿易許可証を購入したユーザーについては、集計後に購入の反映を実施

※障害発生期間中に獲得したアイテムやキャラについては、ゲームログ自体が正しくサーバーに記録されないため、誠に申し訳ありませんが、個別アイテムやキャラの補填に関しては物理的に不可能な状況です。

■再発の防止策について
①サーバー状況の監視強化
  サーバーが想定外の事態で停止した場合、自動で他のサーバーを停止させ、データエラー・ロールバックの発生を防ぐ
②ゲームサーバーとデータサーバーの連携強化
  サーバーのデータ同期の間隔を短くし、同期のずれを減らす。またエラーデータが発生した場合、ゲームサーバーの応答動作を停止し、復旧用のログをローカルサーバーのに自動保存する

チーム内で改めて意識を高め、不測な事態に遭遇した際の反応速度と責任意識を向上させ、同じ事態への対処能力向上に精一杯力尽くす所存です。

重ねてご迷惑をおかけしまして、誠に大変申し訳ございませんでした。

「アズールレーン」運営チーム



遊ぶ側としても、緊急メンテナンスがなぜ発生して、どのように対応しているのかは気になりますよね。
遅刻しても理由次第じゃないですが...そんな感じです。

運営は面倒なはずなのにしっかりとメンテナンスの報告をするし、ゲーム内のガチャは確率が優しくてストレスないし、弾幕シューティングは面白くキャラもかわいい...。
しっかりしていると思うんですよ。アーズールレーン。
日本のソシャゲもガチャばかりやってないで、頑張ってほしいなぁ。


それと、少し話がズレるのですが、アズールレーンはユーザーが自由に「デバッグログ」を表示することが出来ます。
ゲーム内でどういった処理をしているのかを淡々と記録しているものなのですが、サポートセンターにバグの報告をする際には、このスクリーンショットも添付して欲しいとの事。
バグがどのタイミングで発生したかを分かりやすくするためでしょうか。
こういった開発者向けの機能をオープンにしているところも、あまり見ないので斬新です。
デバッグログは、スマホの画面右端の中央を長押ししながら、画面左端で中央から上下に、ズームするように指を2本広げます。

Screenshot_2017-10-12-18-28-28.jpg
関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

  • 2017/10/14 (Sat) 09:06
    名も無き戦友 / URL
    No title

    見比べてみると、元々の企業が外国の方だと「ユーザーは顧客の1人」と認識しているのが良くわかりますね。ビジネスだからこそ顧客に対し真摯な応対をしている、という印象を受けます。

    ……一方でPSO2は国内他社に比べても杜撰すぎ。先日のゲーマニ記事の炎上案件はこうしたユーザーへの杜撰な対応が積もり積もった結果、起こるべくして起こったんだろうなぁという印象を受けました。
    侘び石配れとはいいませんが、もう運営側の意識改革が必要なレベルじゃないかな。

  • 2017/10/15 (Sun) 05:38
    NF / URL
    名も無き戦友 >>

    ゲーム自体のコンテンツが増えて、色々と大変なのかもしれませんが...
    やっぱり、ユーザーとの接し方には何かアクションが必要になりそうですねぇ

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する