スポンサーリンク

トイレの水が出てこなくなった時に、出してしまったモノを流すには

mainv_120330_07.jpg


人生、一度くらいは「トイレのレバーを回しても水が出ねぇ!」といったトラブルに遭遇するものです。
公共施設ならそこの管理者に話せば良いのですが、自宅だと困ったものですよね。
本当に困るんですよ。(遠い目)

ある日、あなたがいつものように用を足してレバーを引くと、なんだかいつもより軽く回って水が流れなくなったとしましょう。
タンクを開けてみると、レバーと水を流すとこにハマっているフロート(蓋みたいなもの)を繋ぐ鎖が壊れて外れ、業者を呼ぶか自分で部品を買って交換するかの2択を迫られます。

自分で修理出来れば良いのですが、出来ないのであなたは業者を呼びました。
さて、ここで1つ問題があります。

出してしまったモノはどうしたらいいだろうか。

業者が来て直すまでモノが便器の水の中に沈んで悪臭を放っているのは、自分も業者も嫌ですよね。
前置きが長くなりましたが、今回はそんな自体に陥った時に水を流す方法を紹介します。



手順は簡単、適当な容器に水を汲んで便器に流し込むだけ。
タンクの中じゃありませんよ? 普段モノをドロップするために座る所です。
洗面器やバケツを用意して、持って「重い」と感じるまで水を汲んだ後、その水を便器の中にドバーっと入れれば、いつもの用に流れていきます。

注意点としては、水が溜まっているとこに落とすとバチャバチャと散って汚いので、すみから流し込むようにするのと、水が少ないと流れないので、その時は何度も繰り返し流し込む必要があります。

流したほうが清潔なので、諦めないで下さい。
関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する