スポンサーリンク

Read more

WoWs:攻撃よりも大切なスポットシステム

今回は豪華にも3本の動画を使いスポットシステムを勉強します。それだけ大切で複雑という訳です。◆パート1 基本と艦の発見ミニマップにある点線で出来たサークルは「被発見距離」を表し、敵が圏内に入ると発見されてしまいます。逆に、敵の被発見距離に入れば敵を見つけることが出来ます。敵に発見された場合はインジゲータが画面に表示されます。被発見距離から出た場合、艦の姿は即座に見えなくなります。被発見距離は艦の大き...

Read more

WoWs:ポータルから敵艦が湧き続けるハロウィンイベント

WoTがハロウィンならと起動してみると、WoWsでもハロウィンイベント中でした。よくわからない船が用意されてますね。イベントは専用のミッションになっていて、ポータル?から逃げてきた味方?を敵?が追撃して来るので撃退します。ゲーム中のテキストとか見ると何かの続きみたいですが、去年のハロウィンでどこか異次元にでも行ってたんですかね。敵以外にもポータルからはドーム状の瘴気が展開されていて触れるとダメージを負っ...

Read more

WoWs:ダメージを受けるほど回復できる修理班の仕組み

公式の勉強動画をまとめるのを再開。今回は戦艦が使用できる「修理班」についてです。HPを回復できる便利な消耗品ですが、仕組みを理解できれば回復できるHPの量を増やせるかもしれません。ダメージを受けた際、回復係数を掛けた数値が回復プールに蓄積されます。回復係数はバイタルパートで "0.1"、それ以外の部位で "0.5" 。回復プールの数値は修理班を使うまで蓄積され続けます。修理班を使用して回復できるのは、回復プールに...

Read more

WoWs:火災の仕組みのまとめ

公式の火災講座の動画をまとめてみました。火災による艦へのダメージは戦局に響きますからね。どの艦でも起こるトラブルなので、しっかり把握しておいて損はない。今回は動画の内容を簡単に?まとめていきます。スクリーンショットを貼りながらの説明になるので、一度動画を見てから読むことを推奨。火災はHE弾が装甲を貫通してもしなくても、発生率の計算が行われます。すでに炎上している部位は計算されません。火災の発生箇所は...

Read more

WoWs:石炭で艦が買える

コンテナから突然石炭が出てきました。新しい通貨かな?調べてみると、最近実装された工廠で艦船や拡張パーツ、信号機、迷彩なんかと交換できるようです。それなりの量が必要みたいですね。石炭はチャレンジやコンバットミッション、デイリーコンテナから入手可能。鋼鉄はランク戦やクラン戦から入手できるそうです。艦船の中にはフリー経験値でしか交換できなかったようなものもなるので、人によっては入手が簡単になるかもしれな...

Read more

WoWs:榴弾のダメージ範囲は立方体だったのか...

公式のお勉強講座が更新され、榴弾についての説明を聞けるようになっています。本体へのダメージは爆発範囲が広くても当たった場所だけ、でもモジュールにはダメージが入る。貫通できなくても海面や地上での至近弾で爆発範囲内の弾薬庫を誘爆させられる。といったゲーム内の榴弾の仕組みについて勉強できます。火災については別で説明動画が作られるそうなので、また3週間ほど待ちましょう。...

Read more

WoWs:あえて突っ込む

少し古いスクショのネタ。WoWsで戦艦をプレイしていると、近距離に出現した駆逐艦や巡洋艦からの魚雷攻撃がかなり驚異に感じます。進路上に4本とか撃ち込まれたらただじゃ済まない。通常のPvPだと遠距離から撃ち合う事がほとんどですが、CoopとなるとBotは突っ込んでくるので、意外と魚雷を撃ち込まれる機会が多いです。距離を取っていれば良い的ですが、調子に乗って前に出ると囲まれるのがこのゲームのBotの怖いところですね。...

Read more

WoWs:お経迷彩...?

視界に入って来た味方の艦船に謎の迷彩?が施されていたのでスクショを撮りました。何だあのお経のような...。調べてみると、プレミアムショップで販売されている天城型巡洋戦艦「Ashitaka」のデフォルトの迷彩らしい。[プレミアムショップ] Ashitaka 、再び!アーティスト・シグネチャーシリーズ: 小林誠 x 戦艦 『愛鷹』3Dと2Dの融合により、メカデザインの新境地を拓いた希代の名デザイナーとして名を馳せた小林誠さんは、独自...

Read more

WoWs:気付いたらクイーンエリザベス

本当は日本かドイツの戦が育っている予定だったのですが、ネルソン効果もあってかなんだかんだでイギリスが、自分の戦艦ツリーの中で一番進んでいます。イギリスの Tier6 はクイーンエリザベス。豪華客船じゃない。ネルソン同様、アズレンに影響されてるおかげで謎の努力ができたのかもしれない。説明を見るに早いらしい。一つ前のアイアンデュークは「硬けりゃ遅くても良いんだよ」というWoTで見たイギリス的思考が反映された船だ...

Read more

WoWs:ダメージの仕様について知る

WoWsの公式が砲弾のダメージの仕組みやモジュールの機能、貫通力など、細かな仕様について動画を上げています。WoTでは跳弾なんかがありましたが、WoWsにもそのシステムがあり、複数の防壁に守られた船の構造を動画でしっかり解説しています。この動画さえ見ておけば、より有利に相手と戦えそう?英語での解説になりますが、字幕を日本語にすればしっかり読めます。動画は今後も追加されていくとのことなので、定期的にチェックし...