スポンサーリンク

『Nintendo Switch』に PSO2 参戦!クラウドサービスやユーザー層について

今日行われたニンテンドーダイレクトにて、PSO2がニンテンドースイッチで配信予定だと発表がありました。
PCでリリースされ、PSVita、PS4と続き、ついにスイッチへ進出。
サービス開始は2018年を予定しているそうです。

PSO2NS2018.jpg




◆PSO2 CLOUDって?
※コメントの情報から一部修正を加えました※
※今持っている知識で話します※
スイッチのPSO2はクラウド機能を利用してダウンロード不要のゲームとなります。
クラウド機能はオンライン上のサーバーにデータを保存しておけるサービスです。
(今後のスイッチのオンラインサービスで追加される予定だったような)

PSO2はアップデートを頻繁に行こなうため、これまで同様にゲームデータを本体に保存しようものなら、PSVitaと同じく大容量のSDカードが必要になってしまいます。
そこで、ゲームデータをオンラインサーバー上に保存しておく事でこの問題を解決しています。
長々しいダウンロードの時間を必要とせず、気軽に遊べるのは有り難いですね。

しかし、このクラウドには1つ問題があるのではないかと思います。
実際に現物を見た訳ではないのでどのような形になるかは分かりませんが、全てのデータをクラウドサービスでやり取りするとなると、読み込み時間の問題が気になります。
PSO2は現在どの機種でもゲームデータをユーザー側で保存しているので、フィールドやエネミーのモデルなどの読み込みは本体から行っています。
常にやり取りしているのは、プレイヤーや敵が何処に居るとか何をしようとしているのかくらいなのですが、フィールドやエネミーを読み込むとなるとマップを移動する際にそれを毎回クラウドサービスからダウンロードしなければいけません。
さらに、スイッチは有線接続が出来ないため安定かつ高速なWi-Fi通信環境が必要になります。


クラウドサーバーでゲームをプレイする例だと「3DS版ドラゴンクエストX」があります。
どのような仕組みになっているかというと、従来のプレイであればサーバーとユーザーの間で「ボタンを押したからジャンプする」と言った、ゲームに関する情報のやり取りが行われていましたが、クラウドサーバーを使った場合はユーザーの入力がクラウドサーバー内で起動しているWindows版に送信され、そこからサーバーとやり取りした後に情報はWindows版に戻ってきます。
では、ユーザーに何が返ってくるかというと、映像と音が送信され、ゲーム画面が表示されます。




何を言ってるか分からない人向けに例えるなら、「PS4のシェアプレイで友人の家のオンラインゲームを操作する」「PS4で起動しているPSO2をPSVitaでリモートプレイする」といった所でしょうか。
メインで動いている物の規模が大きくなって、サーバーになった感じですね。
ゲーム機側も送信された動画のエンコードだけをするので、負荷もかからず快適にプレイできるようです。

しかし、ユーザー数が増えれば増えるほどサーバーで起動するゲームの数は増えるので、ドラクエXでは「ネットワーク混雑」「プラットフォームの制約」「メンテナンスコスト」といったデメリットが上がっています。
後者2つは運営側の問題なのでユーザーは気にしなくても良いのですが、前者は時間帯などでユーザーに制約が課せられる場合があります。
サーバーに負荷がかかった場合は遅延が発生してしまい、改善のためフレームレートを下げる画質を下げる、といった対応をしているそうです。
スイッチ版PSO2では時間帯やイベントで画質が荒くなる場合があるかもしれませんね。

その他、ゲーム認証フローが何だ、CCUがどうだ、といった話が知りたい方はURLを参照して下さい。
http://www.4gamer.net/games/222/G022239/20150826105/

また、オンラインゲームをするにあたってWi-Fiのような無線環境は回線が安定せず、上で書いたような混雑時には支障をきたす可能性もあります。
プレイする時は専用のアダプターを購入して、有線接続できる環境を作ってからにしましょう。
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/internet/wired.html


◆ユーザー層の違い
PSO2は15歳以上が対象のゲームですが、Z指定(18歳以上)でない限り誰でも遊べます。
あくまで対象なだけ。
こういう事を言うとある方面から色々言われるのですが、任天堂はやはり子供向けなイメージがあり、ユーザー層もPCやPSハードに比べると低い印象です。
色々な年代層が集まってより賑やかになるのは面白そうなのですが、そうなると、モンハンで言う「ゆうた」がどうなるか気になりますね。
PSO2 CLOUD 自体が他のプラットフォームと同じサーバーになるのかは不明ですが、今のPSO2でさえ「キセイガー」とお祭り騒ぎなのに、スイッチでもサービスを開始したらどうなるんだろうか。
後、性別詐称なんて日常茶飯事のPSO2で、子供たちの純粋な心が綺麗なままでいられるか不安です。



その他、詳しい情報は今後発表していくとのことでした。
新規ユーザーを狙ったスイッチでの展開。果たしてどうなるのか。
YouTubeの動画では低評価が目立ったり、Twitterでは海外ユーザーがリプライで期待の眼差しを送っていたりと、続報が待ちきれませんね。
http://pso2.jp/players/news/20375/


関連記事

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する

Comment

  • 2017/09/14 (Thu) 15:40
    匿名さん / URL
    No title

    3DS版ドラクエXと同じように、端末側(Switch)の主な処理は動画のエンコード処理だと思います。「毎回クラウドサービスからダウンロードしなければいけません」というのは、少し違うかと。
    あと別売りのアダプターがあればSwichでも有線接続出来ます。

    http://www.4gamer.net/games/222/G022239/20150826105/

  • 2017/09/14 (Thu) 16:16
    NF / URL
    匿名さん >>

    ゲームなのに動画をエンコード?と、疑問に思いましたが、URLの記事を見てみたら納得できました。
    まさかストリーミングだったとは...。
    情報ありがとうございます!

    有線接続の情報も含めて、訂正しておきますね。

Leave a Reply

管理者にだけ表示を許可する